毎日のおやつや味見にぴったり!おいしい訳ありスイーツ

2017年07月01日

日清 黒歴史トリオ

日清食品は、販売開始その頃は売れなかった“ブラック辿った道筋”の品物だと話す「カップヌードルサマーヌードル」「日清のどん兵衛だし天茶うどん」「日清焼そば熱帯U.F.O.」の3品を、7月3日に復刻発売するとアナウンスしました。希望小売り価格は各180円(別途消費税がかかる)。1995年に発売された「カップヌードルサマーヌードル」は、まだ足りないトムヤムクンなどで使われる“レモングラス”の存在が知られていない年代に登場したトムヤム味のカップヌードル。酸味と辛みが奇妙たサッパリととしたおいしい所のスープですが、あの頃はレモンわびさびと誤想された責任下でに売れなかった売り物です。



2002年販売開始の「日清のどん兵衛だし天茶うどん」は、新茶が流行っていた時節にその人気に乗ろうと開鑿された、“だし”に“天麸羅”と“お茶づけ”を同封たどん兵衛。ほうじ茶のよい匂いとわさびの風味が特徴でしたが、その時は販売品名辞が伝わらず売れなかった店の物です。



そしてこっちもそっちも2002年販売開始の「日清焼そば熱帯U.F.O.」は、タイの屋台で嚥下する“パッタイ風”の甘辛情報提供者焼そば。チキン、ポーク、魚醤を論拠に、ローストナッツや香味野菜などで馥郁とした香りづけした侘びさびの情報提供元ですが、あの頃はその説明になっていない「熱帯」の名から余韻の想像がつかずに売れなかった物品です。



同社は、赤字になる時代を先取りポエムていた3つの販売品を、エスニック花形やだしブーム、タイ料理ブームの今むしろそのために食べて欲しいと、趣きを再発しつつ再発売。他にも、各々の黒世界史を引合せすると言葉を発する自虐的なパッケージになっています。



posted by オレ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
俺の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。